フィリピン 旅行

旅するなら

フィリピン旅行の紹介


フィリピンは日本とは馴染み深い国だと思います。
日本にはたくさんのフィリピン人が働きに来てますし、
日本からも仕事や観光でフィリピンに行っている人は多いと思います。



 
  フィリピンは7000以上の島々から成る群島国家です。
  日本からは直行便で約4時間で行けます。
 
  空港などでは日本人と分かると日本語で話しかけてきたりします。
  ディスコなどでトイレに行くとおしぼりをくれたりするのですが、
  その時チップを要求するのに「気持ちだけ」と言ってきます。
  さすが日本と馴染み深い国だと思いました。
 
  共通語はタガログ語ですが、地域によってはビサヤ語など、
  その地域の言葉が使われています。英語も話せる人が多いです。
 
  フィリピンでの旅はマニラでシティライフを楽しむか、
  マリンスポーツやダイビング、またはゴルフなどの
  リゾートを楽しむのがメインになると思います。
 
           
 
  フィリピンで庶民の足となるのはジプニーという乗り合いバスです。
  米軍の使っていたジープを改造したものらしいので、
  狭くて乗り心地はよくないです。
 
  安くて、乗りたいところで乗れて、降りたいところで降りれるので
  便利なのですが、乗りこなすのは慣れないと難しいかもしれません。
 
  タクシーはメーター制ですが、たまにメーターを使おうとしない
  タクシーもあるので注意が必要です。
 
  フィリピン料理を少し紹介したいと思います。
 
  レチョン・バボイ(豚の丸焼き)は皮はクリスピーで肉はやわらかくて
  ジューシーで美味しいです。お祝い事のときに食べることが多いです。
 
  シニガンは豚肉や鶏肉または魚介類の入ったすっぱいスープです。
 
  アドボは肉と野菜を甘辛く煮たものです。
 
  カレカレは肉と野菜をピーナッツソースで煮込んだものです。
  見た目と名前からカレーのようなスパイシーな味を想像して、
  食べたらぜんぜん味が違うのでびっくりします。
 
           
 
  フィリピン人は歌と踊りが大好きです。
  カラオケやディスコによく行きます。
 
  カラオケは小さな店にコインを入れて選曲するカラオケの機械が
  あって朝から歌ってたりします。
  一人で何曲も続けて歌って、マイクの取り合いになったりします。
 
  フィリピンのカラオケには日本の曲もあります。
  日本語のままの曲もありますし、タガログ語に訳された曲もあります。
  なぜか日本のアニメの「ボルテスV」の歌があります。
  フィリピンでけっこう人気があったみたいです。
 
  フィリピンのテレビは毎日同じ番組をやっています。
  ドラマも週一回ではなく、月曜から金曜まで毎日同じです。
  韓国ドラマはフィリピンでも人気があるみたいです。

    MENU

 旅するなら TOP

 ブラジルへ行こう
 
 サンパウロ
 リオ・デ・ジャネイロ
 サントス
 パラチー
 イグアスの滝
 クリチバ

 ブラジルの食べ物
 ブラジルでサッカー
 カーニバルで楽しもう

 パラグアイへ行こう

 フィリピンへ行こう
 
 インドへ行こう
 
 ホテル情報
 
 アウトドアを楽しもう
 
 健康を考える
 
 外国語を話そう


 プロフィール
 
 
 リンク


  
Copyright (C) 旅するなら All Rights Reserved